第二新卒の転職の流れ

 企業が人材確保に乗り出す中、それは新卒者だけではなく、第二新卒者にも広く目が向けられる状況となってきています。素晴らしいことではありますが、それと同時にライバルの増加も意味することとなるでしょう。転職活動の進め方知っていれば、そうしたライバルたちを置いてけぼりにできるかもしれません。

 

 

転職の準備

 何故、第二新卒者というカテゴリに分類されてしまったのでしょうか。自分のことを見つめ直し転職準備を完璧なものにするためには、これを改めて考え、答えを出しておく必要があります。こうした自分との向き合いは、同じ失敗を繰り返さないための重要な手がかりとなるでしょう。

 

【参考記事】

  1. 転職計画をたてよう
  2. 自己分析の大切さ
  3. 転職市場価値について
  4. 困難とされている“上がり症の克服”を前進させる方法とは?

 

 

求人情報の選び方

 求人選びも、同じ失敗を繰り返さないために慎重に行うべきです。最初の就職で失敗してしまった原因はもしかしたら、この求人選びにあるかもしれないわけですから、未来を見るために過去をしっかりと振り返り、反省し、それを活かした求人選びを遂行するようにしなければなりません。

 

【参考記事】

  1. 第二新卒とハローワークについて
  2. 第二新卒と転職エージェントについて
  3. 第二新卒と転職サイトのスカウト機能
  4. ブラック企業を事前に見分ける方法ってないの?!

 

 

応募書類の書き方

 第二新卒者は履歴書と職務経歴書などの応募書類の書き方に頭を悩ませるのではないでしょうか。ここは、新卒者と同様の取り組み方でもさほど問題はないでしょう。ただ、一度就職しているわけですから、それが決してデメリットではなかったということも応募書類に醸し出しておかなければなりません。

 

【参考記事】

  1. 履歴書で見られるポイント
  2. 職務経歴書で見られるポイント
  3. 志望動機の書き方
  4. 企業に提出する履歴書の資格欄には何も書かなくてもいいの?

 

 

面接対策

 採用担当者は応募者の過去が気になるものです。失敗してしまったのはしょうがありません。早めに転職を目指す理由、それがとても前向きなものであり、また、失敗した過去を新たな職場に活かすことができる、そんな気概で面接に臨むようにすれば、相手が気になる過去もさほど大きなデメリットとはならないでしょう。

 

【参考記事】

  1. 転職面接でよくある質問
  2. 逆質問はしっかり用意
  3. 志望動機の書き方

 

 

入社の準備

 強い引き止めに合うようであれば、転職は考えないのかもしれません。それでも退職の準備は抜かり無く行っておきましょう。新しい人材を確保しなければなりませんし、小さくても任されていた仕事はあるでしょうから、引き継ぎ問題も出てきます。社会人としての自覚を忘れずに退職準備を進めなければなりません。

 

【参考記事】

  1. 退社手続きのこと
  2. 入社の手続きのこと
  3. 第二新卒の途中入社の注意点
  4. 第二新卒が転職先に溶け込む方法
  5. 第二新卒者のために「試用期間制度」について解説します

トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト