企業に提出する履歴書の資格欄には何も書かなくてもいいの?

無かったら無いままで構いません

 

 履歴書には必ず用意されている資格を書くための欄。しかし、特にこれといった資格を持たず、この資格欄に何も書けないと頭を抱えている人もいるかもしれません。特に何も書けるものが無いと自覚しているなら、無理に書く必要はないでしょう。資格があればあるほど就職に有利になるというわけでもありません。

 

 資格とは呼べないようなもの、特に特技や趣味といった類いのものを、アピールしたいからといって履歴書の資格欄に記載するのはダメ。それなら潔く書かないままの方が印象を崩さずに済むのではないでしょうか。

 

職種に関係あるなら民間資格でもOK

 

 資格といっても、世の中には非常にさまざまな、そして幅広く資格と呼べるものが存在しています。国家資格だけではなく、民間資格もありますよね。もし自分の目指している職種や、その履歴書を見せる企業に関連がありそうであれば、民間資格であっても資格欄に記載して構いません。

 

 ナントカ検定の類いもそう。手当たり次第記載するのは避けたいところですが、職種に関係があるのに書かないのは逆に勿体ない。

 

 検定の中には難易度が高いものもありますし、非常にユーモアのあるものもあります。それがアピールになる可能性も否定はできないため、もしそういったものを持っていれば何かしら書いておくのもいいでしょう。

 

取得前でも勉強中のものがあれば記載

 

 資格は持っていないが、それの取得に向けて勉強している。そんな状況であれば、履歴書の資格欄にその旨を記載しておくといいでしょう。

 

 資格欄はこうした使い方も可能。要は、どのようなことに興味を持ち、何に特化した知識や技術を持っているのかを示すのが履歴書の資格欄ですから、勉強を現在していれば、そうしたものが多少なりともあると印象づけられるので、必ず良いイメージを持ってもらえます。

 

 ただ、嘘はいけません。面接で突っ込まれた時に答えられなければなりませんから、それが可能な取り組みをしているものについてのみ書いておくようにしてください。

 

 

【関連記事】

  1. 履歴書で見られるポイント
  2. 職務経歴書で見られるポイント
  3. 志望動機の書き方

トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト