志望動機の書き方

第二新卒の志望動機の書き方

 

 転職活動において、応募企業にあわせて、志望動機を書き換えるのは当然なことです。「御社の将来性」「企業理念に共感したから」など、どの企業でも使えそうな志望動機が書かれている時点で、その求職者は書類選考を通過することはできません。

 

 では、第二新卒は、どのような志望動機を書くべきなのでしょうか。それは、どうしてその会社に入社したいのか、あるいはその仕事につきたいのかという理由が、具体的に書かれている志望動機です。

 

 同業他社ではなく、その会社でなければならない理由を見つけて応募する方が、面接まで進みやすくなるのです。

 

なぜ転職するのかの理由も考える

 

 もう一つ、志望動機を書く方法があります。それは、転職を決意した理由を説明し、自分が実現したいことが、応募企業にあると感じたと力説することです。

 

 「企画制作職が希望でしたが、営業職に配属され、自分なりに努力したけれど、やりたい仕事に挑戦してみたいという思いがふくらんだ」など、自分の言葉で理由を語るのです。

 

 これまでの経験を活かして、どんなふうにキャリアを積みたいのかなど、書き方はいろいろあるはずです。大事なのは、通り一遍の内容ではなく、自分の言葉で語ることだと心得ましょう。

 

 

【関連記事】

  1. 履歴書で見られるポイント
  2. 職務経歴書で見られるポイント
  3. 企業に提出する履歴書の資格欄には何も書かなくてもいいの?

トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト