職務経歴書で見られるポイント

職務経歴書の役割

 

 前章で、履歴書は応募者個人の経歴を伝えるものだと、お伝えしました。では職務経歴書の役割は何かというと、応募者がこれまで何をしてきて、どんなスキルを身に付け、どんな成果を出し、成果を出すためにどんな工夫をしたかを、伝えることです。

 

 第二新卒の場合、自分一人で担当した業務が少なかったり、一人で出した結果が乏しいこともあるかもしれませんが、組織の中でどんな役割を果たしたり、自分なりに工夫した点を伝えることで、今後につながるポテンシャルを感じてもらえるかもしれません。

 

第二新卒が職務経歴書で見られるポイント

 

 第二新卒が、職務経歴書で見られるポイントは、プレゼンテーション能力です。それは、フォーマットの選び方、レイアウトの仕方、見出しや文章の作成方法などに表れるものです。

 

 職務経歴書のフォーマットにも、「年代式」「逆年代式」「キャリア式」などの種類があります。自分の職務経験と応募職種を鑑み、どのフォーマットが一番良いと思うのか、転職サイトのサンプル例などを参考に、きちんと調べて選択することをおすすめします。

 

 また、仕事に関わる資格やスキルは、履歴書の項目だけでなく、職務経歴書にも記載しましょう。

 

 

【関連記事】

  1. 履歴書で見られるポイント
  2. 志望動機の書き方
  3. 企業に提出する履歴書の資格欄には何も書かなくてもいいの?

トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト