履歴書で見られるポイント

履歴書の役割

 

 転職のために応募する書類には、履歴書と職務経歴書があります。中でも履歴書が果たす役割は、応募者個人の経歴を伝えることです。そして、ビジネス文書を書く基本ができているかどうかも、企業の採用担当者は、履歴書を見るとジャッジできます。

 

 履歴書に納得して初めて、職務経歴書をきちんと読もうと考えるものですから、誤字脱字がない、和暦と西暦を混同しないなどの基本ができていて、当たり前です。

 

 手書きでもパソコン作成でも構いませんが、転職者用のフォーマットを選んで、誠意をもって記入するようにしましょう。

 

第二新卒の履歴書で見られるポイント

 

 第二新卒が応募する場合、学歴や職歴が自社の求人内容にマッチしているかどうかが、まず基本になります。異業種転職などの場合は、ミスマッチが起きてしまいますので、志望動機や自己PR欄で、その部分をきちんと説明した方が良いでしょう。

 

 また、企業の採用担当者は、「どうしてわが社に応募したのか」が明確な第二新卒を、面接の場に呼ぶのが普通です。

 

 そこに書かれているべきことは、応募企業や募集職種のどこに魅力を感じたのか、入社したら何をしたいのかといった、どうしてもその会社で働きたいという、あなたの熱意なのです。

 

【関連記事】

  1. 職務経歴書で見られるポイント
  2. 志望動機の書き方
  3. 企業に提出する履歴書の資格欄には何も書かなくてもいいの?

トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト