自己分析の大切さ

転職における自己分析の意味

 

 転職活動で自己分析をする際、自分のアピールポイントを探すことに腐心するひとが少なくありません。ですが、第二新卒が転職活動するために自己分析をするからこそ、基本に立ち返ってほしいと思います。

 

 そもそも自己分析とは、自分が生きていく中で大切にしている価値観を知ることです。仕事は生活のための手段で、プライベートを充実させたいと考えているひとが、目標達成のために休日返上で働くのが当たり前という風土の企業に勤めるのは、双方ともに不幸なことです。

 

 自分が働くということをどうとらえているのか、自分にとって大切なものは何かを、しっかり考えてみましょう。

 

キャリアの棚卸しと自己分析を同時に行うメリット

 

 転職のための自己分析の場合、キャリアの棚卸しという作業も必要になります。その際、勤務先でどんな業務につき、どんな結果を出し、そのためにどんな工夫をして、自分ではどう評価するのかを、冷静に考えてみてください。

 

 すると、自分が得意なことは何かが見えてくるはずです。好きな仕事が必ずしも得意とはいえなかったり、自分のビジネス上での強みを知ることにもつながります。得意分野を活かした転職は、キャリアアップにもつながるので、しっかり行いましょう。

 

 

【関連記事】

  1. 転職計画をたてよう
  2. 転職市場価値について
  3. 困難とされている“上がり症の克服”を前進させる方法とは?

トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト