第二新卒の求人は本当に少ないのか

 


 先日、ネットで、いわゆる「第二新卒者採用活発化…云々」を伝えるニュースを見かけた記憶があるのですが、一方でこれと全く正反対の状況を伝えるニュースも目にします。

 

 「まだまだ少ない」といっているのです。論点が違うのでしょうか?あるいはどちらかが間違った分析等をしているのでしょうか?確認してみましょう。

 

 後者を概説すると、学卒後2〜3年で会社を辞める人の割合が3割にもなる現状では、それを補うほどの求人は無い、ということです。先程学卒後2〜3年で辞めた人といいましたが、第二新卒の定義は「学卒後3年以内で辞めた者」となっています。

 

 ですから例えば1年足らずで辞めた人も第二新卒ですし、半年で辞めた後はフリーターをしながら就活をしている人も第二新卒です。

 

 ひと言で「第二新卒」といっても、その中にはいろんなパターンがあります。その視点から見れば、確かに第二新卒がいったいどれだけ採用されているのか一概には把握できません。

 

 確かに、この説に従えば、転職者の属性からして第二新卒の割合は低いかもしれません。

 

 しかし一方で、求人はリーマン以後、今では確実に増加しています。また求人票に『第二新卒者歓迎…』などと書いてある求人だけに目が向きがちですが、特にその旨を明記していない一般の求人でも、実際は第二新卒者を採用している割合は決して少なくないのです。

 

 学卒後3年近く実務に就いていることから、一定のビジネスマナーや基本的なスキルを身に付けているという点で、最低限の教育研修だけで戦力になるわけです。

 

 また特定の企業カラーにも染まっておらす、将来性も見込まれることから、この用件にマッチした求職者がいたら、ほとんどの企業は欲しい人材と思うものです。

 

 従って、表向きの第二新卒採用を謳った求人のみにとらわれず転職者全体からみれば、第二新卒の求人は決して少なくはないのです。


トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト