第二新卒者のために「試用期間制度」について解説します

試用期間の意味と本採用との違い

 

 就職希望者が実際に採用してもらうためには、幾つものハードルを越えなければなりません。応募書類や面接などですが、そのハードルを越えてもなお、企業は、「本当にこの人を採用して問題がなかったのか」と、実際に働き実績を残してもらうまでは考えてしまうもの。そうした企業の思いから設けられているのが試用期間。

 

 試用期間とは、実際の現場で新入社員に仕事を与え、使える人材かどうかを試しながら確認していくためのものなのです。試用期間と本採用の違いは、主に業務内容と給与。簡単な作業や基本的作業から任されることが多く、給与も本採用を下回るケースが多いとされています。

 

第二新卒は試用期間が長い?

 

 第二新卒者は、試用期間が長く設定されることがあるかもしれません。どの新入社員も、それがキャリアのある転職者であっても同じ長さの試用期間を設けている企業もあるかもしれませんが、第二新卒はとりわけ長い期間を設定し、その適性等を見極めようとしている企業も少なくはないようです。

 

 一度就職したものの、数年で辞めていることを考えれば、できるだけ長く試用期間を設け確実に見極めたいと企業が考えても、それは全然おかしなことではないでしょう。

 

 とは言っても、長くても6ヶ月ほどですから、懸命に働いていればすぐに経過し、無事に本採用へと辿り着けると考えられます。

 

再び失敗しないために調べておきたい試用期間

 

 第二新卒者の多くは最初の就職で、「企業の選択に失敗した」と感じているのではないでしょうか。だから第二新卒という状態になってしまったのだと思います。

 

 再び失敗しないためには入念な企業研究を行わなければなりませんが、そこに試用期間の有無と内容の把握、これも加えておきましょう。試用期間があれば、そこで教育してもらえるので安心感は増します。

 

 また、期間も適切な長さであり、内容も具体的に求人などで示している、あるいは面接等で伝えてくれる企業であれば、企業そのものを信頼することができるでしょう。

 

 

【関連記事】

  1. 退社手続きのこと
  2. 入社の手続きのこと
  3. 第二新卒の途中入社の注意点
  4. 第二新卒が転職先に溶け込む方法

トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト