退社手続きのこと

退社の申し出にもルールがある

 

 転職活動の努力が実って、内定を得て喜ぶのは良いですか、その前に聞いておきたいことはあります。きちんと退社の手続きを踏んで、円満退職できるように準備していますか?

 

 企業には就業規則がありますから、「転職先が決まったから、今日で辞めます!」というわけにはいきません。また、就業規則上で「退職届」は退社日の1カ月前までに提出と明記されていても、人事部に書類を出す以前に、直属の上司に話をしておかなければなりません。社会で守るべきルールを守って、円満に退職しましょう。

 

退職に必要な手続き

 

 退職に必要な手続きとしては、勤務先から「雇用保険被保険者証」「年金手帳」「源泉徴収票」「離職票」を受け取ることと、会社の備品や業務上使用したものを、すべて返却することです。

 

 退職日に書類のすべてが受け取れるわけではなかったり、企業によっては財形貯蓄の解約手続きが必要だったり、社員寮や社宅に住んでいる場合は退去するなど、さまざまな手続きがあります。

 

 退職日が確定した時点で、何をいつまでに済ませなければならないのか、人事部に確認しておくのも、よいでしょう。

 

 

【参考記事】

  1. 入社の手続きのこと
  2. 第二新卒の途中入社の注意点
  3. 第二新卒が転職先に溶け込む方法
  4. 第二新卒者のために「試用期間制度」について解説します

トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト