入社の手続きのこと

入社前に必要な手続き

 

 応募企業からの内定連絡には、電話、郵送、メールなど、いろいろな方法があります。内定の連絡があると、すぐに受諾したくなる気持ちはわかりますが、返答する前に必要な手続きがあります。

 

 それは「労働契約内容」を、書面で確認することです。これは法的に定められている手続きで、勤務地や給与、休日日数など、入社後の仕事内容や待遇が書かれた書類で、郵送やメールの場合は一緒に送られてくることが多いです。

 

 その内容をしっかり吟味して、問題なければ、入社を受諾しましょう。また、書面がない場合は、早々に採用担当者に連絡をとって、「労働契約内容」を確認させてもらいましょう。

 

入社に必要な手続き

 

 「労働契約内容」の確認が終わったら、次に行うべきことは、入社日までに用意すべき書類を用意することです。「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」「扶養控除等申告書」「健康保険被扶養者異動届」「給与振込先の届書」は、どの企業でも必ず必要になります。

 

 このほかに、「身元保証書」「従業員調書」「入社誓約書」「健康診断書」の提出を求める企業もあります。すべてを入社日に提出できるように、しっかり準備しておきましょう。

 

 

【参考記事】

  1. 退社手続きのこと
  2. 第二新卒の途中入社の注意点
  3. 第二新卒が転職先に溶け込む方法
  4. 第二新卒者のために「試用期間制度」について解説します

トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト