まだまだ続く転職市場活性化。第二新卒に追い風

 転職市場は今、非常に熱い状況です。特に20代〜30代前半の求人は多く出回っており、転職を考えている人にとっては、またとないチャンスといえるでしょう。2012年は大手企業のリストラが相次ぎ、こうした世相も反映して若者達はますます転職願望が強まっているといわれています。終身雇用が終わったといっても過言ではない現代、さまざまな形のキャリアビジョンが描かれるようになりました。その1つが「第二新卒」というものです。

 

 みなさんは第二新卒という言葉を耳にしたことがあるのでしょうか?第二新卒は近年用いられるようになった言葉であり、入社1年〜3年前後の人たちのことをいいます。以前であれば3年勤務した実績があって、ようやく転職を考えるといったパターンでしたが、最近では企業側もある程度新人教育を終えた優秀な若手をほしいと考えており、第二新卒の採用に積極的な姿勢がうかがえます。

 

 記事では第二新卒の採用に積極的なイベントについて取り上げています。2007年におきたリーマン・ショックや2010年に起きた東日本大震災の影響で、日本の多くの企業は経営が悪化したところも少なくありません。2012年に入りようやく各企業の業績の回復がみられるようになり、第二新卒を対象とした中途採用の求人が増加しています。新卒時に希望していた企業に内定をもらえなかった人も、第二新卒で逆転のチャンスは十分あるのです。

 

 まずは3年という気持ちもわからなくはありませんが、転職を考えている第二新卒の人は求人チェックをマメに行うことをおすすめします。


トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト