第二新卒はどういう目で見られる?

第二新卒はどういう目で見られる?

 新卒から入社した人が3年以内に退社した人を第二新卒者といいますが、その求人の実態について実際のニュース報道を見る前に、私の第一印象を簡単に述べてみようと思います。

 

 端的に言えば、なかなか狭き門ではないかと思うのです。何故なら、僅か3年もしないうちに離職してしまうという就職に対する意識の軽さ、忍耐力の足りなさ、スキル不足等が懸念されるからです。新卒者は別として、多くの企業は教育のための費用や時間を掛けたくないと思っています。

 

 ましてやリーマンショック以降、新規採用や先行投資、設備投資を控え、内部留保の蓄積に夢中になっている大企業の様を思うと尚更の感があります。ですから多少年齢が高めでも確固としたスキルや人脈を有し、マネジメント経験がある人材を求めたがるのではないか…と思うのです。

 

 さて、私見はこの位にして実際雇用マーケットはどうなのでしょうか。冒頭、「企業の採用意欲は依然として旺盛」とされていると思うが早いか、「…が、これは十分な経験を積んだキャリア採用の話」と続きます。ここまでは私見も一定程度的を得ているようです。ところが、 厳しいと思っていた第二新卒者でも十分採用ニーズがあるとされています。理由を見てみると、新卒よりは一定の社会経験を経ているので、ビジネスマナーの心得があり、実務経験もあるため、研修・教育ことが新卒者よりも軽減される…という内容を拝見しますと、若くて吸収力があり、20代であるため比較的低い賃金で雇用でき、長い間の貢献が期待できる…という要素も言外に含まれているのではないかと思います。

 

 なるほど、という思いです。改めて考えますと、早い決断と行動力…若いうちに与えられた特権かもしれません。いつまでも若いわけではないですけれど。


トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト