第二新卒の増える理由とは

第二新卒の増える理由とは

 

なぜ若者が仕事を3年以内に辞めて第二新卒になるのか?

 

 大学を卒業し新卒で入社しても毎年のように、3万人を超える若者が3年以内に辞めています。

 

 第二新卒になる理由や原因ですが、中にはブラック企業だと噂されたり、訴訟を起こされた有名企業のように、月に200時間以上の残業などから鬱になったり休職する社員が続出する企業に問題が考えられる場合もあります。

 

 昔は新卒で入社して3年以内に辞める若者は辛抱が足りないと思われていました。しかし最近では日本の新卒一括採用の、雇用制度そのものに問題があると指摘されています。

 

今の若者は辛抱が足りないのではない

 

 つまり、もし大学を卒業するまでに内定が得られなければ、既卒となりそのままニートになるかもしれないという恐怖心があるからです。そのため本当は就職したい企業でなくて、妥協してでもどこかの企業に入社して、働くことを選択する学生が多いのです。

 

 その結果として働き始めて何年かすると日々が辛くて仕方なかったり、今のまま働き続けることに疑問や苛立ちが生じてきます。

 

大事なことは同じ間違いを犯さないこと

 

 第二新卒になって就職する場合には、どんな心がけが必要になるのでしょうか?基本的なことも含めて改めて自分を見直し、考えてみましょう。

 

  • 自己分析 - 何のために転職するのか、どんな仕事をしたいのか
  •  

  • 転職回数 - 増えるほど軽率で辛抱が足りないと思われる
  •  

  • 客観性 - 就活の方法や応募書類のチェック、面接のロールプレイングを頼める人はいるか

 

まとめ

 

 今の時代に一生の内に何回か、転職することは特に珍しいことではありません。しかし転職をする場合でも、幾つかの原則があります。

 

 例えば転職をするのであれば、年収アップやキャリアアップを図るべきです。もし転職をして失うものが大きければ、その転職はもっと慎重に考えて行動を起こすべきです。

 

 また最近では第二新卒歓迎と記載された求人も、転職サイトやエージェントの案件には多く見られるので、これらの就職支援サービスを活用するのも一つの方法です。


トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト