第二新卒求人が増加する背景

 第二新卒の一般的な定義として、入社3年目までで若手で即戦力としての実務経験はないものの、社会人として基本的な常識やマナーが身に付いているということです。

 

 企業が第二新卒を採用するメリットには、社会人としての基本的マナーが身についていて、まだ最初の企業カラーがついていないため教育しやすいためです。
 社会の経済状況や業界、職種にもよりますが、一般的には「第二新卒歓迎」求人としてインターネットなどで第二新卒をターゲットにした求人が多く掲載されています。

 

 第二新卒求人増加背景には、新卒採用競争が激化して優秀な人材は外資系企業や海外に流れるケースが多く、長期的な不景気により多くの企業が新卒採用を控えていたこともあります。

 

 また、団塊世代の大量定年や、景気上昇などによる事業拡大などにより人員不足が出てきたため、多くの企業では新卒採用に積極的でしたが、新卒採用がうまくいかなかった企業が新卒の代わりに優秀な第二新卒を採用しているケースがあります。

 

 一方で第二新卒側も、就職氷河期などで思うように就職活動ができなかった人が、第二新卒枠を使えば未経験でも入社することが可能のため、リベンジ転職をする傾向があります。

 

 現在では、入社前後の採用のミスマッチにより、入社3年以内に3割の新卒が辞めてしまう時代と言われています。採用した新卒が数年で辞めてしまうため、恒常的に若手社員が不足している状況になり、その欠員補充として第二新卒を積極的に採用する企業が出てきたこともあります。

 

 


トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト