就職浪人か? 第二新卒か? 迷う学生たち


 本当に納得のいく就職先を探すために、就職浪人止む終えなし。そんな大学生たちが増えているようです。理由は「新卒」というブランドを守るため。雇用機会の多様化が叫ばれる中、依然として就職市場では真っ白な社歴を持つ若い新規卒業者は、企業側から見ても魅力があるようです。
 就職が決まらないまま卒業し既卒者として就職活動を行った場合、たった1年の違いですが、「売れ残り人材」のレッテルが貼られ大きなハンディとなってしまいます。それよりは、あえて大学を留年した形にし「新卒」ブランドを引っさげて就職活動を行う方がよいと考える学生たちがいるのです。

 

 次年度に望みを掛ける学生の中には、他社からの内定をもらいつつ、第一志望を目指して再挑戦する人もいます。これは大きな賭けです。景気状況が大きく変わらない限り、最初の就活で内定を取れなかったような学生が、翌年になって複数の内定を得ることは難しいでしょう。それでも第一志望にこだわる学生はいるようです。

 

 最近では一度社会人として働き、卒業後3年以内に転職をする「第二新卒」枠での求人も多く見受けられます。あえて留年をするとなると、収入も無いまま就職活動の経験しか得られませんし、2度目は何処からも内定をもらえないかもしれません。第二新卒枠を狙うなら、収入を得ながら社会勉強もでき、万が一希望企業に転職できなかった場合も、現職で働くことが可能です。就職浪人はリスクが高いことを考慮したほうが良いでしょう。

 


トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト