転職するなら中途採用? それとも第二新卒?

 『第二新卒』とは、新卒で就職したものの、2〜3年以内に退職し就職活動を行う人たちのことを指します。

 

 いまの若者で第二新卒になる割合は、中卒7割、高卒5割、大卒3割だと言われています。一度就職し社会人経験を有しているので、まだ一度も就職したことのない『既卒者』よりは転職に有利です。しかし一般的に、『中途採用者』のような実務能力は持ち合わせていないと判断され、第二新卒者の多くは長期で企業に勤める忍耐力が欠如し、精神的に未成熟な人材だと思われることも多いようです。

 

 利点としては、まだ前職の色にそれほど染まっていないこと、年齢が若いため安い給与で雇えること、若手人材としての将来性があることなどが挙げられます。そのため、退職者した新卒者の代用として第二新卒者のくくりで求人を出す企業もあります。

 

 中途採用者として転職する場合、企業側は即戦力としての活躍を求めます。そのため同業他社や異業同職種への転職が多くなります。

 

 ですから新卒時の就職活動で希望業界に就くことができず、別業種に就職した人は、2〜3年現職で社会人としての基礎を学びつつ、希望業界への転職の機会を探すのも良いでしょう。そのときに重要なのは「現職も頑張る」ことです。

 

 長い社会人人生の中で2〜3年なんて短い期間ですが、興味のない業界であっても学ぶべきことは沢山あるはずです。希望業界で第二新卒の求人が出たなら、現職でも頑張ったこと、それでもこの業界を目指していたことをアピールしてみてはどうでしょうか。

 


トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト