第二新卒は若さでも勝負できる

 第二新卒は30代より転職しやすい…ということが、少し意外性を込めていわれる向きがありますが、案外それって、当たり前じゃないの、と思います。何故なら若いから。可能性があるから。一つの企業カラーで固まっていなくて、まだまだ柔軟性があるから。それでいて職場環境や対人とうまくやっていく基本的なビジネスマナーを知っていますし、採用されるに値する人材だったわけです。

 

  大卒後、一旦は就職した人たちで、3年以内に会社を辞めた人たちですもんね、第二新卒っていう人たちは。「石の上にも三年」という言葉があるように、最低でも3年勤めれば一定の社会経験ある人材として採用側は注目します。一方、大卒後就職した会社を1年で辞めたとか、その後フリーターで約2年続けていたとかいう場合ですと、そうする理由が明確に語れなければ、そして納得させることができなければ、さすがに求人も遠のいてしまうでしょうけれど。

 

 こういう例は別として、総じて第二新卒者が、30代より求人市場では目を引く存在なのではないかと以前から感じていました。第二新卒者は、大卒者を多く採用する企業にとっては“金の卵”的存在といっても、 私的には間違いではないと思っています。管理職経験がなかったり、転職回数がおおむね3回以上の者、職歴に統一性がない(職種が一定していない)等の30代はいうまでもなく、そうでない初めて転職を目指す30代よりも、第二新卒者の方が求人側としてはポイントが高いと、延べ20年以上の人事経験を有する一人として、そう確信しています。

 


トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト