重宝される語学スキル。多少の不利は跳ね返せる?

 人材大手として、今や就職市場に欠かすことができなくなった「パソナグループ」。パソナグループでは、アメリカにてグローバル人材の紹介や採用コンサルティング、アウトソーシングサービスなどの活動も行っています。

 

 アメリカにある「パソナNA」では主に日系企業に対して、米国在住アジア人留学生を対象とした幹部候補生を企業に紹介することを目的とした「グローバル・タレント紹介サービス」を開始すると発表しました。日本・中国・香港・台湾・シンガポール・インド・アメリカ・カナダの計8地域を対象に、グローバルな就労や転職に役立つ情報を公開するとしています。グローバル・タレント紹介サービスでは、アメリカに留学している新卒者や第二新卒者、アジア人留学生など幅広い人々を対象としており、活躍場が期待できます。

 

 日本では就職難と盛んに言われていますが、こうしたグローバルな求人も増えており、今後日本もさらなる国際化が進むことが予想されています。学生時代内定をもらえず、就職先に不満があるといった人は、いっそうのこと海外に視野を向けて、語学を取得しこうした分野にチャレンジしてみるというのも1つの手です。日本では学校を卒業したら就職するのが当たり前で、留学等をした場合、次の就職先が難しいといった声も聞かれますが、それはあくまで日本企業の国内スタンスなだけであって、日本企業でもグローバルな企業や外資系では「留学経験者が是非ほしい!」といったところも多々あります。

 

 留学を希望している人は、こういった求人も要チェックですね。

 

 

関連サイト:
http://news.livedoor.com/article/detail/6651407/


トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト