就職コラム

就職コラム記事一覧

重宝される語学スキル。多少の不利は跳ね返せる?

 人材大手として、今や就職市場に欠かすことができなくなった「パソナグループ」。パソナグループでは、アメリカにてグローバル人材の紹介や採用コンサルティング、アウトソーシングサービスなどの活動も行っています。 アメリカにある「パソナNA」では主に日系企業に対して、米国在住アジア人留学生を対象とした幹部候...

≫続きを読む

第二新卒向けのグローバルな人材紹介サービスがスタート

パソナ、日系企業に米在住アジア人留学生を紹介するサービスを開始http://news.livedoor.com/article/detail/6650562/ グローバル化が進む現代社会。語学取得はもはや必須の内容であり、日本でも多くの留学生が日本語や日本の文化などを勉強しています。日本では奨学金制...

≫続きを読む

注目されだした第二新卒の求人

20代若手・第二新卒向け就職・転職支援サービスの『マイナビジョブ20's』が九州Uターン/Iターン非公開求人セミナーを開催致します。http://www.excite.co.jp/News/release/20120626/Dreamnews_0000054073.html 今、第二新卒の求人につい...

≫続きを読む

第二新卒はどういう目で見られる?

 新卒から入社した人が3年以内に退社した人を第二新卒者といいますが、その求人の実態について実際のニュース報道を見る前に、私の第一印象を簡単に述べてみようと思います。 端的に言えば、なかなか狭き門ではないかと思うのです。何故なら、僅か3年もしないうちに離職してしまうという就職に対する意識の軽さ、忍耐力...

≫続きを読む

転職市場が回復傾向…第二新卒にもチャンス!

「第二新卒」にもチャンス!“転職市場”回復傾向続くhttp://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20121025/ecn1210251215007-n1.htm 「今や転職は当たり前」そういっても過言ではない時代となっています。いぜんの日本であれば転職は...

≫続きを読む

まだまだ続く転職市場活性化。第二新卒に追い風

 転職市場は今、非常に熱い状況です。特に20代〜30代前半の求人は多く出回っており、転職を考えている人にとっては、またとないチャンスといえるでしょう。2012年は大手企業のリストラが相次ぎ、こうした世相も反映して若者達はますます転職願望が強まっているといわれています。終身雇用が終わったといっても過言...

≫続きを読む

経済、ゆるやかに持ち直し…転職にも好影響

日本経済は長引く不景気で、どの企業も厳しい経営状態が続いています。2008年秋に起こったリーマンショック、トリインフルエンザなどのパンデミックは、さらに追い打ちをかけるようにさまざまな業種に影響を及ぼしました。それでもどうにか持ちこたえていたところに発生したのが2011年、東日本大震災と福島原子力発...

≫続きを読む

大卒の3割が3年以内に退職する事実

 厚生労働省が発表した資料で大学を卒業して就職しても、その3割は3年以内に辞めることが分かりました。これは厚労省が2003年3月から2011年3月までに卒業した新入社員の、従業員規模別と産業別の離職者数を調査し離職率を発表したものです。 しかし従業員数が5人未満の企業の離職率は59.2%と高く5〜2...

≫続きを読む

転職市場は好調傾向をさらに上昇させることができるのか

大卒後数年(2〜4年程度)経った人たちを第二新卒者と就職(転職)市場では言っています。全体的に雇用が上向きに向かいつつある中で、この第二新卒者向けの求人も好調な様子をみせています。転職市場においても昨年は15.4%の人が転職活動を行ったというデータが出ており、一昨年より6.2ポイントも増加しています...

≫続きを読む

アデコ、富山にて就職イベント

 3月を迎え、学校を卒業された方も多いことと思います。就職活動の末、無事内定をもらった人も多いのではないでしょうか? その一方、内定をもらえないまま卒業したといった人もいることと思います。内定をもらえず卒業した人は第二新卒として、求人を探すといった人もいることでしょう。 第二新卒の求人状況は最近では...

≫続きを読む

第二新卒は若さでも勝負できる

 第二新卒は30代より転職しやすい…ということが、少し意外性を込めていわれる向きがありますが、案外それって、当たり前じゃないの、と思います。何故なら若いから。可能性があるから。一つの企業カラーで固まっていなくて、まだまだ柔軟性があるから。それでいて職場環境や対人とうまくやっていく基本的なビジネスマナ...

≫続きを読む

転職するなら中途採用? それとも第二新卒?

 『第二新卒』とは、新卒で就職したものの、2〜3年以内に退職し就職活動を行う人たちのことを指します。 いまの若者で第二新卒になる割合は、中卒7割、高卒5割、大卒3割だと言われています。一度就職し社会人経験を有しているので、まだ一度も就職したことのない『既卒者』よりは転職に有利です。しかし一般的に、『...

≫続きを読む

自分にマッチさせる転職相談会

 転職活動市場は活発な動きを見せています。特に20代〜30代前半向けの求人は多く、この世代は転職に非常に有利といえます。転職といえば以前は中途採用枠の人が多かったのですが、最近では「第二新卒」といった就職して3年前後の人も多くみられるようになりました。日本では「意志の上にも3年」といった言葉があり、...

≫続きを読む

就職浪人か? 第二新卒か? 迷う学生たち

 本当に納得のいく就職先を探すために、就職浪人止む終えなし。そんな大学生たちが増えているようです。理由は「新卒」というブランドを守るため。雇用機会の多様化が叫ばれる中、依然として就職市場では真っ白な社歴を持つ若い新規卒業者は、企業側から見ても魅力があるようです。 就職が決まらないまま卒業し既卒者とし...

≫続きを読む

第二新卒求人が増加する背景

 第二新卒の一般的な定義として、入社3年目までで若手で即戦力としての実務経験はないものの、社会人として基本的な常識やマナーが身に付いているということです。 企業が第二新卒を採用するメリットには、社会人としての基本的マナーが身についていて、まだ最初の企業カラーがついていないため教育しやすいためです。 ...

≫続きを読む

第二新卒の増える理由とは

第二新卒の増える理由とはなぜ若者が仕事を3年以内に辞めて第二新卒になるのか? 大学を卒業し新卒で入社しても毎年のように、3万人を超える若者が3年以内に辞めています。 第二新卒になる理由や原因ですが、中にはブラック企業だと噂されたり、訴訟を起こされた有名企業のように、月に200時間以上の残業などから鬱...

≫続きを読む

良い職務経歴書を書くために欠点を見つめる

良い職務経歴書を書くためには 転職をするときに、しておきたいのが今までの仕事の振り返りです。転職活動では履歴書のほかに、職務経歴書を提出するのが一般的になっています。 今までの仕事で、どのようなポジションに立ち、どれくらいの規模の仕事を回してきたのかという所を、詳しく書くことで履歴書では分からなかっ...

≫続きを読む


トップページ 第二新卒の転職の流れ おすすめ転職サイト